SDGsとは

「SDGs」とは、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことであり、2015年 9月に国際連合で採択されました。

2030年に向けて、発展途上国や先進国などにかかわらず、すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、17のゴール(目標)が定められています。

17のゴールは左アイコンのとおりです。

株式会社ノザワでできること

株式会社ノザワではリサイクル事業を中核とした活動がSDGsに当てはまります。
具体的にどのような仕事がSDGsに該当するのか、また貢献しているのか。それらを社内外に浸透させることが第一歩になります。将来的にはノザワ社内を起点として、八戸・青森、さらに広範囲に活動を周知していきます。

SDGsは特定の企業や人ではなく、世界規模の全員の協力体制であること。これらを社の具体的な活動報告を発信することで、SDGsの周知にも貢献していきます。

リサイクル事業

塗装事業・建築事業(Design8・70年代不動産)

トップへ戻る